がん検診・診断認定医について

日本がん検診・診断学会 がん検診認定医制度規程

(2006年7月21日制定)
(2007年7月14日改定)

第1章 総則

(目的・名称)
第1条

(運営機関)
第2条

第2章 認定医の決定

(決定)
第3条

(認定医講習及び認定医試験)
第4条

(受験資格)
第5条
認定医講習及び試験を受ける者は、次の各号の条件をすべて満たしていなければならない。

(申請)
第6条
認定医講習の受講及び試験の受験を申請する者は、別に定める書類に所定の講習料及び認定料を添えて、期日中に理事長に提出しなければならない。

第3章 認定医の資格の更新と喪失

(更新)
第7条

(喪失)
第8条
認定医は、次の各号の事由によりその資格を喪失する。

(取り消し)
第9条
理事長は、認定医としてふさわしくない行為のあった者に対して、本委員会及び理事会の議を経て認定医の決定を取消すことができる。

第4章 補則

(改廃)
第10条
この規程の改廃は、本委員会の発議により、理事会の承認を得なければならない。

附則


PAGE TOP